薪小屋の復習

05-28,2013

 鶏小屋製作に取りかかる前に、薪小屋の復習をしておこう。
というのも、今回作る鶏小屋は、構造としては薪小屋とほぼ同じ、ま、簡単に言うとサイズ違いなのさ。

 この薪小屋はおいらにとって初めて作った建築物。(今までの流れはココにちょろっと書いてある)
この時は元鳶職&元植木職人の友人が我が家に滞在中だったので、もの凄く助かった。何しろ建築経験ゼロのおいら、コンクリートを練ったことなんかもちろん無かったし、工具も初めて触る様な状況。それでも考えられる事はあるぞってことで、簡単な設計図を書いたっけ…

firewoodshed_12
 これと、

 firewoodshed_13
 これの2枚。

 このメモを、日本にいるある方に見てもらって、添削してもらったんだよね。その、"ある方"というのは自宅も自分で建てちゃったという人で、とにかく経験豊富。聞かない手は無いってことで、質問も兼ねて。

 んでもって、準備が整ったところで製作開始。

firewoodshed_01
 穴を掘ったり、

firewoodshed_02
 水平を出したり…

firewoodshed_04
 いやぁ、思い出すなぁ…こりゃ12月だったんだけど、この辺りは秋から春にかけて雨がもの凄く降るんだよね。そりゃもう雨期って言ってもいいぐらい。でもこの時だけは天気が良くて…天気が良いと気温が低くなるってわけで、日中の気温が零下だった。(普通は5~8度ぐらいはあるかな?雨だと)
とにかく寒くて、すぐに手がかじかんで動かくなるもんで、外で火を焚いて暖をとったりしたなぁ…

firewoodshed_05
 基礎が出来たところで材料を買いに行き…

firewoodshed_06
 ぱっと見、簡単そうだけど、なんかすごく大変だった気がする。
寸法が合わなかったりとかしたしなぁ…

 firewoodshed_08
 ここまで来ればもう、完成は目の前。

firewoodshed_10
 筋交いも入れて…

firewoodshed_11
 屋根材を張って、鼻隠しと破風板を付け、

firewoodshed_15
 完成!

 こうして記憶を辿ってみても、細かいところはあんまり覚えてない。
今、鶏小屋に向けて気になってるのは基礎のやり方なんだけど、特にそこの記憶が曖昧になってる。かなり慎重にやったつもりだったけど、おそらく助っ人の彼がいるから大丈夫だろ、ってな他人任せな感じだったのかな。自分で考えてやってりゃちゃんと覚えてるもんね。

ドーム完成披露パーティまであと425日
今年は美味しい生卵を食うのだっ!

ランキングに参加中です ↙押してくだされ
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村